バイオエタノール暖炉は、踊るような炎が魅力的で、煙突や特別な換気口を必要とせず、家の中のどこでも本物の炎を作り出すことができるため、インテリアや暖房の分野で人気が高まっています。バイオエタノール暖炉の最大のセールスポイントは、その外観と利便性のほかに、生分解性があり、流出しても汚染物質としての毒性が低い再生可能なエネルギー源で作動することです。しかし、バイオエタノールの暖炉は安全なのでしょうか?

バイオエタノール暖炉は、その仕組みやCO2の発生量がキャンドルと似ているため、室内や家のどの場所で使用しても全く問題ありません。もちろん、キャンドルと同じように火であることに変わりはありませんが、設置のデザインによって可能な限り安全に保たれています。バイオエタノールは煙を出さないので、テレビなどが火の上にあってもダメージを受けることはありませんが、過熱を防ぐために配線やケーブルを火の近くに置かないようにする必要があります。

燃料自体は変性アルコールで、飲もうとしなければ安全に使用できるので、子供や動物に近づけないことを除けば、家の中に置いておいても問題ありません。