バイオエタノールストーブの熱出力は、ほとんどの機器で調整可能なので、必要に応じて好みの温度を選ぶことができます。しかし、平均的なバイオエタノール暖炉は、技術的には最大設定で3kWhの熱を発します。暖炉を購入する多くの人にとってはあまり意味のないことかもしれませんが、一般的な電気式暖炉と比較すると、電気式暖炉は最高設定で2kWhの電力を生み出します。


バイオエタノール

バイオエタノールストーブは、一般的な電気ストーブに比べて3分の1の熱量を出すことができます。

つまり、バイオエタノール暖炉は、1年のうちで最も寒い時期にも、どんな大きさの部屋の暖房にも適しているということです。バイオエタノールストーブの最大設定は、多くの人にとって熱すぎるため、使用したことがない人も多いのではないでしょうか。

バイオエタノール焚き火は、他の家庭用暖房器具と同等以上の熱量が得られるだけでなく、無煙・無臭で設置も簡単という利点があるため、寝室や浴室など、他の焚き火では設置できない部屋の暖房など、幅広い用途に使われています。