バイオエタノールストーブは、天然の糖分を発酵させ、蒸留するという生物学的プロセスによって製造された変性アルコールを燃料とする、人気の高いファッショナブルな家庭用暖房器具です。バイオエタノールは、再生可能で毒性が低いため、環境にやさしい家庭用暖房燃料と考えられています。

バイオエタノール暖炉は、魅力的な炎の効果が得られること、煙が出ないこと、特別な換気を必要としないことなどから、人気の高いデザインとなっています。また、設置も簡単で、家中どこでも使えるので、バスルームのデザインに取り入れる人もいます。

バイオエタノールの火は、ガスオーブンに使われるような長いライターで点火し、1リットル単位で購入した変性アルコール燃料を燃やします。ランニングコストについては、薪ストーブとほぼ同等ですが、設置費用や暖炉本体の価格は一般的にかなり安くなります。バイオエタノール暖炉は、燃料を燃やしても水とCO2しか発生しませんが、1時間あたりのCO2の量は、ロウソクを2本燃やした場合とほぼ同じです。そのため、一酸化炭素中毒などの健康上の問題もなく、家のどの部屋でも安心して使用することができます。