燃料としてのバイオエタノール、アルコールの一種であるエタノール、特にお酒に含まれるアルコールという言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、ウイスキーやウォッカなどのお酒に含まれるエタノールと、暖炉や自動車の燃料として使われるバイオエタノールとは、どのような違いがあるのでしょうか。

エタノールとバイオエタノールは、化学的にはまったく同じで、単純なアルコールです。しかし、それぞれの名称は製造方法に由来しています。エタノールとは、どのようにして作られたかという物質そのものの名前であり、バイオエタノールとは、サトウキビやアーティチョークなどの食用作物、木材チップ、廃わら、おがくずなど、糖分を含むバイオマスを発酵させ、そこからエタノールを蒸留して作られた燃料のことである。一般的に、バイオエタノール生産は、できるだけ環境に優しく、食用作物の栽培に必要な土地を最小限に抑えながら、燃料となる純粋なバイオエタノールの収量を最大化することを目指している。

バイオエタノールは純粋なエタノールであるため、例えば暖炉用の燃料として販売する際には、純粋なアルコールを洗剤として販売するのと同様に、非常に不味い味になるように「変性」させて人間が飲めないようにしている。