バイオエタノールは、煙突を必要とせず、煤や灰が残らない本物の無煙の炎で美しいインテリアを演出することができると同時に、家庭での暖房手段として非常に人気があります。家庭用暖房器具としてバイオエタノール焚き火を利用する場合、まず気になるのはバイオエタノール自体の安全性ではないでしょうか。

バイオエタノールは単純なアルコールであり、アルコール飲料に含まれるエタノールと同じ物質である。生分解性があり、こぼれても環境に有害ではありません。しかし、バイオエタノール燃料は純粋なアルコールであるため、人間が口にするには安全ではなく、燃料として販売する際には、人が飲めないように変性させたり、原料として使えないようにしたり、不快なフレーバーを加えたりしています。もちろん、他の燃料や洗浄剤と同様に、子供や動物の手の届かない場所に保管し、燃えやすいので暖炉に火を入れる前にこぼれたものを拭き取る必要があります。バイオエタノールの火も本物の火と同様に、子供やペットがいるときは注意が必要で、バーナーの近くに電線やケーブルを置かないようにする必要があります。