バイオエタノール暖炉は、本物の炎のような魅力的な外観を持ち、屋内でも屋外でも使用可能な優れた暖房器具です。バイオエタノール暖炉は、煙突を必要とせず、煤や灰が残らないため、設置場所を選びません。つまり、どんな部屋のデザインにも取り入れることができる素晴らしい装飾品なのです。

エタノール焚き火をDIYで作る場合、例えば伝統的な暖炉として、あるいは棚やコーヒーテーブルの暖炉のようなモダンな暖房器具として、デザインに合った長さと大きさのバイオエタノールバーナーを購入する必要があります。これにより、バイオエタノールの火を置くためのベースを作る際には、それぞれのバーナーのガイドラインに従うだけでよいのです。また、古い暖炉をバイオエタノールに変換することもできますが、これも簡単にできます。バイオエタノール暖炉のDIYについては、ネット上に多くのアイデアが掲載されていますが、さらにサポートが必要な場合は、プロの施工業者に相談してください。