バイオエタノール燃料は家庭の暖房用燃料として広く普及しており、バイオエタノール暖炉は本物のオレンジ色の魅力的な炎を放ち、寒い季節でも部屋を暖めるのに十分な熱さを持っています。バイオエタノール暖炉は、煙が出ないので煙突などの特別な換気口を必要とせず、ススや灰が残らないクリーンな燃焼を行うことができるなど、多くの理由で人気があります。

しかし、バイオエタノール燃料の安全性は?実際の火災と同様に、炎を人に近づけないこと、電線やケーブルが溶けないように火を近づけすぎないことが必要です。しかし、バイオエタノールの火災は、他の火災のような危険性はありません。バイオエタノール自体は生分解性があり、毒性も低いため、万が一こぼしても環境を害することはありません。純アルコールなので口にすると危険ですし、もちろん可燃性ですが、子供や動物の手の届かない安全な場所に置いておけば、掃除用のアルコールと同じように家の中で安全に使うことができます。


燃やしても水とCO2しか出ず、CO2はロウソクを1~2本燃やしたのと同じくらいなので、ガスの面でも安心です。