バイオエタノールを含む。 バイオエタノール 一部の国で自動車などの燃料として使用されているバイオエタノールや、バイオベースの暖炉などに使用される家庭用バイオエタノールは、皆さんがご存知のアルコール成分であるエタノールと化学的に同じ透明な物質です。バイオエタノール」という言葉は、結果として得られる化学物質そのものではなく、特定のプロセスによって製造されたエタノールを表すために使用されます。

バイオエタノールは、サトウキビ、ワラ、特定の草、木材チップ、おがくずなどの作物から得られるバイオマスを、酵素を使って糖に分解して作る。その糖分を発酵させた後、蒸留工程を経てエタノールを回収する。具体的な工程は作物の種類によって異なるが、バイオエタノール燃料の製造にはこれらの工程が不可欠である。

バイオエタノールは純粋なアルコールですが、家庭用の暖炉で使用するために販売される際には、誰も飲もうとしないように「変性アルコール」と呼ばれる別の工程を経ます。そのような純度のアルコールは、人間が飲むには危険であり、多くの国では原料として販売することは違法であるため、変性した状態で燃料や洗浄剤として販売することしかできない。