バイオエタノールは、一部の国でガソリンの代替燃料として使用されている燃料で、単独または無鉛ガソリンと混合して使用されます。しかし、バイオエタノールは家庭用の暖房用燃料として知られており、バイオエタノール暖炉の普及が進んでいる。

バイオエタノールの魅力は、暖房としての利便性の高さに加えて、環境への配慮がなされている点にあります。再生可能で生分解性があり、こぼしても毒性はほとんどありません。実際、アルコール飲料のアルコールと同じ化学物質です。しかし、バイオエタノールはカーボンニュートラルなのか?

自動車用の燃料がカーボンニュートラルであるかどうかを評価する際には、様々な点が考慮されますが、バイオエタノールがこのように使用された場合、カーボンニュートラルであるかどうかが問題となります。しかし、暖炉などの家庭用燃料としては、バイオエタノールの原料となる植物が吸収する二酸化炭素と、燃焼時に発生する二酸化炭素がほぼ相殺されるため、家庭用暖房のカーボンニュートラルな燃料として分類されています。バイオエタノール暖炉を使用した場合、発生するCO2の量は、少量のキャンドルを燃やした場合と同等です。