バイオエタノールは、一部の地域で燃料として使用されることが多くなっています。バイオエタノールの利用で最もよく知られているのは、自動車の代替燃料である。世界の一部地域では、1970年代からバイオエタノールがガソリンエンジンの主燃料として使用されているが、オランダでは、バイオエタノールで走るように適合させた自動車やバイオエタノール含有量の多い混合ガソリンはあまり見かけない。米国や英国では、無鉛ガソリンにバイオエタノールを10%配合したE10などの混合燃料の使用が進んでおり、通常のガソリンエンジンで問題なく走行できる。

家庭では、バイオエタノールを他の燃料に代えて直火で使用する。バイオエタノールの火は、オレンジ色の炎が魅力的ですが、煙や灰は出ません。また、バイオエタノールはカーボンニュートラルで、毒性が低く、生分解性があるため、環境面でも魅力的です。また、バイオエタノールの火は屋外でも使用できるため、他の屋外照明や暖房器具の代替としても有効です。