バイオエタノール燃料 は、暖炉、キャンプ用ストーブ、ランタンなど、あらゆるものの電源として使われています。バイオエタノール燃料は、屋内外の機器に使用されるため、販売されているバイオエタノール燃料はすべて同じものなのだろうかと思われるかもしれません。家庭用に販売されているバイオエタノールは、苦味料を加えて飲用に適さないようにした変性アルコールである。これは、安全性のためと、アルコール飲料の販売に伴う税金や免許の問題を避けて販売できるようにするためです。つまり、購入するバイオエタノールの純度は決して100%ではないのだが、どの程度の純度が必要なのだろうか。

バイオエタノールショップでは、バイオエタノールの純度96.6%のキーゼルグリーンを直火や野外ストーブに使用することができます。この純度レベルにより、これらの機器が許容できる適切な炎の大きさと熱量が得られる(100%のバイオエタノールは揮発性が高すぎる可能性がある)。80%程度までの低純度燃料でもバイオエタノールバーナーで使用可能ですが、使用時に不快な臭いがする場合があります。誤って低品質のバイオエタノールを買ってしまった場合、バーナーに香油やワックスを入れておくと、この臭いをごまかすことができます。